山名酒造株式会社つれづれ写真帖奥丹波倶楽部 買い物カゴ全商品一覧を見る
蔵元のおすすめ生産者紹介スタッフ紹介今月の肴蔵のお昼ごはん酒造風景
生産者


山名酒造にかかせない
生産者を紹介します。


第15回
篠山手造り酒の会 NEW

第14回
兵庫県立氷上特別支援学校

第13回
嶋本昭二さん
(粳米 ゆめおとめ)

第12回
株式会社 ウッドワーク

第11回
高橋輝宏さん
(株)タカハシ代表取締役

(洛紐巧芸)

第10回
荒木嘉信さん
(酒米 兵庫北錦)

第9回
橋本高穂さん
(酒米 野条穂−有機栽培−

第8回
酒米試験地

第7回
古跡真一さん、清美さん
(酒米 山田錦−有機栽培−

第6回
細見武憲さん
(酒米 兵庫北錦)
第5回
中六農園
(酒米 祝−いわい− 第4回
荻野懿一さん
(酒米 杜氏の夢)
第3回
宮垣富男さん
(酒米 五百万石−有機栽培−
第2回
藤田真一さん
(酒米 野条穂)
第1回
杜氏 中村 博さん
(酒米 五百万石)


イメージ
古跡真一さん、清美さん

古跡真一さん、清美さん

 年末に自然食品を扱う馴染みのグループから連絡があった。「有機認証を取得した山田錦があるんだけど山名さん仕込まへん?」酒米の最高峰と謳われる米──山田錦、それが有機栽培され、しかも公的認証も得ているとあっては私も引き下がるわけにはいかない。本当にそんな貴重なものが手に入るのか? 夢のような話に半信半疑のまま受話器を置いた。

犬
 その後、この話は正夢となり、有機認証「山田錦」玄米27袋810kgは、当蔵の原料米倉庫に入庫、年明けに白く精米されて仕込みを待つばかりとなった。

 先日この米の栽培圃場を視察した。場所は兵庫県加東市山国(旧社町)、酒米試験地も近くにある山田錦の本場だ。冬枯れの風景の中、にこやかに出迎えてくれたのが古跡(こせき)真一さんと清美さん。このような若い人たちが一所懸命に有機栽培で酒米を作ってるなんて、日本の農業も捨てたもんじゃないと感じた。

 案内された田圃は、いつも丹波で目にしている土の掘り起こした方とは違う。ふかふかのきめ細かい土が表面だけを覆うように仕上げてある。そのねらいはなるべく深く耕さないようにして、稲が固い地盤に頑丈に根を張っていくよう促すのだ。こうすると倒伏せずに丈夫で強い米が実るのである。そして他所の田圃とは土の色が明らかに違う。黄土色が強いのだ。有機栽培を続けていると、土の色も変わってくるという。

古跡真一さん、清美さん  始まったばかりの彼らとの取り組み。若い農家の清新な息吹と大地にしっかりと足をつけた生き方を表現できる酒を造らねばと思う。新酒が出来上がるのは桃の節句の頃。山田錦だけが有する独特の青い果実のような芳香がタンクから漂う日はもう近い。

ご注文について  お問い合せ