昆布締め鯛の黒豆ずんだ和え

・材料(2人前)

鯛(刺身用)200g
昆布だしの素(顆粒)10g
  
< 黒枝豆ずんだ >
・黒枝豆(むき身)50g(さや付きで100g)
・白味噌大さじ2/3(12g)
・みりん大さじ1/3(6g)

・作り方

(1) 鯛の身を1cm程度の角切りにします
(2) 角切りにした鯛を昆布だしの素で和えて1時間おきます
(3) 茹でて殻を外し薄皮をむいた黒枝豆をすり鉢、またはフードプロセッサーで粗く潰します
無い場合は、袋に入れて棒でたたいてもできます
(4) (3)に白みそとみりんを加えて混ぜ、(2)鯛の身を加えて和えます

◎ ポイント
・白身のお刺身だけでなく、サーモンや、海老、烏賊、蛸などでもできます
・黒枝豆が手に入らなければ、普通の枝豆(冷凍でも可)でも作れます

今が旬の丹波の黒枝豆の甘味と昆布締めにした鯛の旨味が、やはり丹波の地で造られた野条穂で醸されたお酒にとても良く合う、ひと品です。

1963年大阪生まれ。
流浪の青年時代を経て、27歳から和食の道にはいる。
和の心、古いもの、そして雪山をこよなく愛する男。
このコーナーでは旬の奥丹波に合わせて、
ご家庭で作りやすいおつまみを紹介していただきます。

ページTOPへ