ブリと水菜の蕪みぞれ煮

・材料(1人前)

ブリ150g
水菜50g (1/2束位)
蕪すりおろし50g
< 鍋出汁 > 
・水150cc
・薄口醤油20cc
・味醂25cc
・刻み昆布2g(ひとつまみ)

・作り方

(1) ブリは2㎝位の角切りにし、さっと湯通して生臭みを抑えます
(2) 水菜は7㎝位に切ります
(3) 蕪は皮を剥き、おろして軽く汁を切っておきます
(4) 鍋に出汁の材料を入れ沸かします
(5) 沸いた出汁に蕪・ブリ・水菜の順に入れ、ブリに火が入ったら完成です

◎ ポイント
・ブリはブロックか厚切りを使用し、加熱しすぎないこと
・刻み昆布が無くて板昆布で作る場合、出汁が沸いたら引き上げて下さい

脂の乗った寒ブリと蕪の甘みが、微発泡のにごり酒と相性抜群のひと品。
ブリの他に、サーモン・鯛・カキなどでもお楽しみ頂けます。

1963年大阪生まれ。
流浪の青年時代を経て、27歳から和食の道にはいる。
和の心、古いもの、そして雪山をこよなく愛する男。
このコーナーでは旬の奥丹波に合わせて、
ご家庭で作りやすいおつまみを紹介していただきます。

ページTOPへ