氷上特別支援学校
氷上特別支援学校

1997年の暮れに蔵出しした搾りたてに、初めて「奥丹波」と焼印した木札をかけたのがそもそもの始まり。実はこの木札、あるお寺で見かけた和菓子とお茶を載せた焼印入りの小さな木のトレイがアイデアの原点でした。その素朴な風合いが気に入って調べたこところ篠山養護学校の製作と分かり、早速お願いしてラベル代わりの商標として木札を焼いてもらうことになったのです。その後まもなくこの仕事は兵庫県立氷上特別支援学校にバトンが渡され、以後十数年にわたり高等部の生徒を中心に一枚一枚丁寧に仕上げられています。

毎年初夏と秋口に、特別支援学校内に期間限定の「木札工場」が開業します。実社会での就業を想定して、生徒たちはチャイムとともに朝礼、ラジオ体操、そしてタイムカードを押して仕事につく。黒板には作業スケジュールが掲示され、木札に穴を開ける、焼く、煤を落とす、磨く、それぞれの工程を班ごとにこなしていきます。態度は真剣そのもの。スピードや習熟度は個々に違いますが、それぞれが黙々と作業に没頭しています。時折失敗もあり、先生の厳しいチェックに落胆する声が聞こえますが、そこは飴と鞭。今度は先生から暖かい励ましを受けて悪びれずに持ち場に戻っていく。火を使う危険な工程や、立ちっぱなしの辛い環境にもめげません。それどころか「木札工場のしんどさから見たら、あとはたいしたことはない」「修行ですわ」などと冗談めかして言ったりして…そう、彼、彼女らに悲壮感はなく、明るく仕事に立ち向かう姿勢は一貫しています。

校長先生はおっしゃいます。「生徒たちにとって木札は誇りなのです。山名酒造の一番人気の商品で、世間にたくさん出ると知っていますからね。だからしんどくても頑張れる。」それは私たちも同じです。蔵で一丸となって仕込んだとっておきの新酒に、氷上特別支援学校の生徒たちが一生懸命焼いてくれたエンブレムをかけるとき、本当に誇らしく嬉しい気持ちになります。さあ、今年もあと少しで「木札」の蔵出しが近づいてきました。

氷上特別支援学校

ホームページはこちら

生産している素材
木札

この素材がシンボルの製品
ページTOPへ